あさひ職員のぶらり日記~スパイスの効いたお店~(2018年_8月号)

監査3部 ガラバドラフ ムンフドル

 先日、仙台山形間の高速バスで、カラフルな洋服の男性と隣の席になりました。おしゃれな帽子をかぶり、薄い色のサングラスをかけた彼は強いオーラを放っていました。
バスが動き出してからしばらくして、彼はバッグからどこか外国の文字で書かれた本を取り出して読み始めました。好奇心に駆られてチラリとのぞくと、おいしそうな料理のレシピ本でした。
ふとしたきっかけでお話ししてみると、男性は七日町でインド料理店を営んでいて、お料理教室もしているとのこと。話も大変興味深く、短い会話の中でも彼のインド料理に対する強い想いが伝わってきました。
それから一か月後にそのインド料理店を訪れました。事前に読んだお店のウェブサイトには少し変わった注意書きが・・・

 その注意書き通り「やっていますか?」とは聞かずにそっと席に着きました。こじんまりとした店内にはインドの本や雑貨がいっぱいです。カリーセットを注文しましたが、どれも初めての味わいで、新鮮な気分になりました。カリーのみならずバターライスやお皿に添えられた漬物も一つ一つこだわりを持って作っているとのことでした。
食後にチャイとおやつをいただき、ペンネルシードなどのお口直しを試食させてもらい、一緒にいた友人や他のお客さんと一緒に盛り上がりました。

店主よりインドの食文化などのお話をしていただきながらの贅沢な夕食となりました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。