おいしく、楽しく釣る(2014_12月号)

おいしく、楽しく釣る(2014_12月号)

監査1部  福永 周

みなさんは、船釣りをやったことはありますか。最近では芸能人が船釣りで大物を釣るテレビ番組がよくあります。どんな大物が釣れたんだろうとドキドキしてしまいますよね。

私は小さい頃から釣りをやっており、そういった番組を見るたびに「いつかはやってみたい」と思っていました。数年前に思い切って行ってみたところ、テレビで見るより楽しく、船釣りにのめりこんでしまいました。

今回は、そんな船釣りの魅力をご紹介します。

①よく釣れる

船長さんが、長年の知識、魚群探知機等を活用して釣れるポイントに連れていってくれるので、堤防等で釣りをしているよりも、数、大物が釣れる可能性が高くなります(堤防は堤防の魅力がありますが)。釣れる時間帯によっては、手を休ませることができない程に釣れます。4~5時間ほどの釣りで、大きなクーラーボックスがいっぱいなんてことも珍しくありません。
しかし、初心者とベテランでは、釣れる数が違うので、次はこうしてみようなど、あれこれ考えるのも面白いです。

②おいしい!

新鮮で、自分が釣った魚であれば、おいしくないわけがありません。焼き魚、煮魚、刺身なんでもおいしいです。最近はインターネットで、簡単にレシピを調べることができますし、魚を捌くのが苦手な方は、料金がかかりますが、スーパー等でも捌いてくれます。
今の季節ですと、ブリの刺身、照り焼き、サバの味噌煮等が非常においしいです。

③景色がいい

船釣りに行って初めて気づいたのですが、景色も素敵です。釣りもの(目的の魚)にもよりますが、釣り場まで船で30分~1時間ほど走りますので、風を感じながら船から海をみるのは気持ちいいですし、見渡す限り海というのも日常では体験できないので、リフレッシュできます。

船釣りを始めたいという方は、まずは、ホームページ等で釣り船を探すか、近くの大きな釣具店にいくのがいいでしょう。料金は、釣る魚にもよりますが、半日で9,000円~12,000円程です。ちょっと高いですが、景色、楽しさ、新鮮な魚を持ち帰れることを考えれば十分に満足できます。竿やリール等の高額なものは、必ずしも購入する必要はありません。釣り船で、一式レンタルすることもできます。
船釣りは楽しいですが、自然が相手ですので、船酔い、天候の変化のための準備が大切です。事前にしっかりと準備をして臨みましょう。

中国にこんなことわざがあるそうです。

「一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。…(中略)…永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」

興味がある方は、「船釣り」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。