ホテル加賀屋(2017年_11月号)

公認会計士・税理士 田牧 大祐

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」(以下、100選)で、昨年まで36年連続1位のホテル加賀屋に行ってきた(昨年は3位)。100選は、旅行新聞社が主催しているもので「もてなし」「料理」「施設」「企画」の4部門で、旅行のプロが投票し結果をまとめたものだが、もてなし部門で昨年も1位の加賀屋でそのサービスを体験してきた。

〇駐車場
スムーズにバスを誘導。停車するや荷物をロビーに運ぶ人、乗客を誘導する人、皆さん背筋を伸ばしててきぱきと動いている。
〇ロビー
仲居さんが整列してお出迎え。数えると3段並びで25名。
〇仲居さん
仲居さんに何部屋担当しているか聞くと、1人で2部屋という手厚さ。気配りが行き届く部屋数とのこと。担当してくれた仲居さんは、新卒入社7ヶ月で自然な振る舞い。半年でここまでとは。採用、教育制度を知りたい。
〇お茶出し
部屋で本格的な茶碗でお抹茶をいただく。
〇浴衣
部屋に浴衣は置いてない。仲居さんが、2度目の部屋訪問時に、自然に会話をしながら4人の座椅子の横にサイズぴったりの浴衣を置いていく。サイズをみられていたとは・・・。
〇アメニティ
意外なことに高価なアメニティは無かった。
〇お風呂
大きめの風呂が配置され、金曜夜で宿泊者が多かったが、人はいっぱいでも不満はない。マッサージ機は2つで必要最低限。
〇お土産コーナー
とにかく広い。専門店(漆塗り、お酒等)がありお酒の試飲もできる。縁日的な雰囲気で楽しい。レジに並ぶとすぐに別のスタッフの方が来て誘導してくれる気配り。
〇宴会後のお楽しみ
ホテル内の本格的歌劇で盛り上がる(お勧めです)。卓球やテレビゲームといった温泉につきもののアトラクションもあり。
〇朝のお楽しみ
夜遅くに翌朝の魚釣りとイイダコ釣りの予約をお願いしに行く。フロントでスムーズに予約。暗めのフロントには常に人がいて、チーンとやる必要もない。翌朝、冷凍えびのえさと釣竿を借りて釣りを楽しんだ。

加賀屋は、特別に豪華なわけでもなく、目を見張るようなサービスがあるわけでもない。過剰サービスにならない適度な距離感、何かをお願いするのにストレスを感じない、待つことがないという本人も気付かないような心地よさがあった。働く皆さんの背筋がピンとのびて、活き活き、てきぱきと、見ていて気持ちがよかった。仕事に誇りをもっていることを感じられた。
100選のおもてなし1位とは、加賀屋で働く皆さんの仕事の誇りが1位だと感じる一泊だった。