モンテディオ山形を応援しませんか!?(2013_2月号)

モンテディオ山形を応援しませんか(2013_2月号)

総務部  保科志保

寒さ厳しき折、まもなく迎える暖かい春を心待ちにしていらっしゃる方も多いと思いますが、私にはひそかに待ちわびているものがあります。それは地元のサッカーチーム「モンテディオ山形」が所属している、Jリーグの開幕です。

毎年、当たり前のようにシーズンチケットを買い、ホームゲームはもちろん、たまにアウェイにも遠征しています。その様子を周りから「追っかけ」と呼ばれたり、まだまだ逆風を感じることもありますが、最近では温かい言葉をかけていただく機会も増えてきました。特に「モンテ、がんばってるね!」など言われると、まるで自分のことのように嬉しくなります。

はじめて試合を見に行ったのは2001年の8月です。友達から誘われ、全く興味がなく半信半疑でついていったのですが、スタジアムに行ってみたら想像を遥かに超えていました。テレビでは見ることができない躍動感、迫力のあるプレーに圧倒され、とても感動しました。即ユニフォームを購入し、それからというものホームゲームに自然に足を運ぶようになりました。

東北にはサッカーチームがいくつもありますが、Jリーグは宮城県のベガルタ仙台と山形県のモンテディオ山形のみです。地元にJリーグチームのあるのはとても幸せだと実感しています。

スタジアムでは地元の食材を活かしたグルメもあり、試合前はどこのお店も行列になります。芋煮や名物のカレーパン、おそば、ラーメン、どんどん焼きなどはいつもとてもおいしいです。また、市町村応援デーや県内の小中高校生の観戦無料も実施しています。

なんと言っても、生で見る試合はとても迫力があり、ゴールした瞬間の爽快さは言葉で言い表せるものではありません。座っている人も思わず立ち上がり、周りの人と自然にハイタッチする光景も見受けられます。老若男女関係なく、幅広い層で応援しています。 

「百聞は一見に如かず」という言葉がありますが、まさにそれだと思います。テレビで見ただけではわからない感動やドラマが一試合一試合につまっています。声を出して応援するだけで日々のストレスもふっとびます。ぜひその感動を一緒にスタジアムで体感して、楽しい時間を過ごしてみませんか?

今年のモンテディオ山形の開幕戦は3月3日(日)、愛媛FCとアウェイでの対戦です。昨年は残念ながらJ1に昇格することができませんでしたが、15周年の節目の年である今年こそ昇格できるように、全力で応援します!!

モンテディオを応援しませんか_図