応接棟の植彩に囲まれて(2012_7月号)

応接棟の植彩に囲まれて(2012_07月号)

山形相続サポートセンター  岡﨑 美希

今年4月に入社いたしました岡﨑美希と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

私は山形相続サポートセンターの業務と併せて、応接棟にて受付業務を行っております。現在応接棟は、日々草・ヒメシャラ・ハラン・ソヨゴ等、美しい植彩に囲まれています。花には毎日、そして樹木には2日に1回水をあげています。所長の柴田から、「葉の表面に水をかけただけではダメ。土に水が十分浸透するようにたっぷり与えて、根から養分を吸い上げられるようにすること。」というアドバイスを受け、葉っぱの隅々までしっかり養分が届くように願いながら、心をこめて世話をしています。

植彩として応接棟に植物が根をおろしてから1カ月が経った先日、ソヨゴが白い花を咲かせました。ほぼ毎日語りかけながら水を与えてきたので、その小さな花を見つけた時はとても嬉しかったです。これからの生長が楽しみです。

また、来所されたお客様から花や樹木についての質問をされる機会も増え、生命力にあふれた植物たちが、今では応接棟の大切な一員になってくれていることを実感しています。今後は、花や植物に関する知識も身につけ、お客様との会話を、より豊かなものにしていきたいと思っています。

 私は、お客様と直接お話させていただく場所で仕事ができることを、大変嬉しく思っています。お客様との会話は、ほんの数分間のことです。その数分間に、少しでもお客様の気持ちに添えるように、真摯な対応を心掛けてまいります。

いつも笑顔で皆様のご来所をお待ちしております。

応接棟の植彩に囲まれて(2012_7月号)