IT活用による業務効率化のススメ・2(2017年_9月号)

IT活用による業務効率化のススメ・2(2017年_9月号)

経営企画室 佐々木 伸明

前回のあさひ通信ではあさひ会計の業務効率化の取組としてChatWorkの紹介をさせていただきました。今回はその具体的な使用例として、ファイル管理とタスク管理の紹介をします。

<ファイル管理>
ChatWorkの有料プランでは、ユーザー1人当たり10GBの容量が割り当てられます(フリープランは5GB)。1度に5GBまでのファイルを送付する事が可能です。このファイル管理機能を使うことで、大容量のためメールで送信できずに紙で印刷し、郵送していた資料を容易に送付する事が可能となります。ファイルの送付(アップロード)の方法はシンプルで、送付したいファイル(複数可)を選択し、ドラッグアンドドロップするだけです。

<タスク管理>
タスク管理はグループチャット内で発生した解決すべき課題等を担当者、期限を設定しタスクとして管理できる機能です。
タスクの作り方は、直接タスクを作成する方法とメッセージを引用して作成する方法の2通りありますが、どちらにおいても画面右側の入力画面で登録します。

タスクが終わりましたら、完了ボタンを押下することで、グループのメンバーにタスクが完了したことが通知されます。

あさひ会計ではこれらの使用方法やマニュアル等をTeachmeというクラウドサービスを利用して社内で管理、展開しています。次回はそのTeachme等の業務効率化につながるサービスついて紹介します。