統一基準における財務書類作成と公会計の活用

本セミナーは終了いたしました。

平成27年1月23日総務省より、統一基準による地方公会計財務書類作成等通知が発出され、平成30年3月末までに財務書類を作成する事が要請されました。地方公共団体の皆様におかれましては、統一基準に基づく固定資産台帳の整備や財務書類の作成に向けてご準備を進めていらっしゃるところと思います。
今回のセミナーでは、公会計制度の導入ポイントや、作成した後の活用等についてもご理解を深めていただき、また最新の情報にも触れていただくことを目的としています。
合わせて、地方公共団体への豊富な導入実績を有する地方公会計システムPPPの統一基準対応バージョンについて、実際に導入した後の実例ポイントについても解説を行います。ぜひご参加いただけますようご案内申し上げます。

日 時

2016年11月2日(水)13:20~16:45(受付開始12:50)

会 場

山形県高度技術研究開発センター 第1・2会議室
(山形市松栄二丁目2番1号 TEL 023-647-3111)

セミナー内容

第1部 公会計の活用等について
総務省自治財政局財務調査課総務事務官 入江 峻史 氏

第2部 役に立つ公会計のポイント
一般社団法人地方公会計研究センター専門委員 公認会計士 中神 邦彰 氏

第3部 新統一基準作成半年の経験
株式会社システムディ 公会計事業部サポートセンター課長 黒川 雅康 氏

「統一基準における 財務書類作成と公会計の活用」

主催・後援

主催:税理士法人あさひ会計
後援:一般社団法人地方公会計研究センター

お申込み

本セミナーは終了いたしました。