新型コロナウィルス関連 情報提供ページはこちら

先輩社員からのメッセージ

先輩社員にインタビュー その1

監査3部 三沢 博美
経営支援5部
チームマネージャー 三沢 博美

就職活動は様々な企業の仕事や経営方針・先輩の体験談などを聞くことができる非常に貴重な学びの場

<これが私の仕事>
私たちの商品は「信用」「知識」「情報」そして「自分」です
毎月お客様のところにお伺いし月次決算表を作成すること、また決算月には税務申告書の作成をすることが現在の私の仕事です。
私たち会計事務所の仕事は、実体のある物を販売するのではなく、「信用」や「知識」、「情報」といったものを提供することです。そのため、高度な専門知識が必要となる大変な仕事だとは思いますが、その分、自分自身のスキルアップにもつながる、非常に魅力的な仕事です。

<だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード>
経営者の参謀となるために~「戦略MQ会計」を通して~
あさひ会計では、税務代理・税務書類の作成・税務相談といった、いわゆる税理士の独占業務とされるもののほかに、経営者の方の参謀となるべく「戦略MQ会計」を取り入れ、経営のサポート、アドバイスも同時に行っています。
「戦略MQ会計」は今の税金を計算するための税務会計や企業の利益を計算する財務会計とは異なり、中小企業経営者が経営に活用していく上で必要不可欠な「儲けるための会計」です。そのため社内でも研修会を設けるなどして、非常に力を入れて取り組んでいます。
入社2年目の私でも、社内研修で「戦略MQ会計」の事例発表の機会をいただいたり、実際に顧問先企業で導入するなど、積極的に取り組める社内の体勢が整っております。
税務業務以外の様々な面から経営者の方々と仕事ができる点に、やりがいや楽しみを感じています。

<ズバリ!私がこの会社を選んだ理由>
東北一の会計事務所を目指して!
私は学生時代に租税法を専攻していたこともあり、学んだことを活かすことができる会計事務所や税理士法人を中心に就職活動を行っていました。
そんな中で、私があさひ会計にエントリーするきっかけとなったのが、ホームページに掲載されていた『あさひ通信』でした。そこには「東北No.1の会計事務所の定義(業務内容、業務収入、所員数等)をおこない、その道筋を策定して“私達は東北No.1の会計事務所を目指す”こととなった」(2011年7月号より)と書かれていました。
「やるからには東北一を目指す会計事務所で働きたい。東北一を目指す会計事務所の一員になりたい!」と思い、入社を決意しました。
まだわからないことも多々ありますが、先輩方から教わりながら、日々「東北一の会計事務所」を目指し仕事に取り組んでいます。

〈これまでのキャリア〉
財務コンサルタント(入社8年目・担当クライアント数26件)
医業を中心に、製造業、小売業、建設業と幅広い業種を担当し、お客様から信頼を得ています。

このページのトップへ移動します

先輩社員にインタビュー その2


地方創生2部
真鍋 雄至

自分のやりたいこと、将来の自分を思い描けるような職場を探すことが最も大切

<これが私の仕事>
地方公共団体の財政状態の改善に向けて
主に地方自治体の財務書類の作成支援業務に従事しています。一般的な企業会計とは異なり、地方自治体では予算が適切かつ確実に執行されたかを、判断することに重きを置いた会計情報を、これまで提供していました。
しかし近年の人口減少や高齢化に伴い、地方公共団体の財政状態の危うさが叫ばれるようになりました。その改善策のひとつとして自治体の会計情報に企業会計的手法を導入することとなりました。これにより、財政の透明性を高め、説明責任を果たすことが可能になると言われています。
ただし、企業会計的手法を導入したうえでの財務書類の作成は、高度な専門性を要します。よって独力での財務書類の作成が困難な団体を対象に、財務書類の作成の支援業務を行っております。

<だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード>
知識を吸収していく喜び
あさひ会計では、公認会計士や税理士、日商簿記、FP技能士など様々な資格取得を推奨しており、私も税理士資格取得を目指して勉強をしています。資格の勉強を進めていくと、はじめは実務でわからなかったところがわかるようになっていきます。学生時代は正直、勉強することに対してネガティブな感情を抱いていました。しかし現在では勉強したことが実務で度々登場するため、資格の勉強を通して知識を吸収していくことに喜びを感じています。 
また社内行事として、社員旅行と懇親会の企画運営に携わりました。学生時代は行事の企画運営をあまり経験したことがかったため、不安な点も多くあったのですが、諸先輩方に助けていただきながら、無事成功を収めることができました。

<ズバリ!私がこの会社を選んだ理由>
やりたいことがあさひ会計でできるとわかった。
就職活動の軸は主に三つありました。一つ目、企業の利益向上に寄与したい。二つ目、大学時代に学んだ管理会計の知識を生かしたい。三つ目、地元山形で働きたい。
この三つを軸として就活していたところ、あさひ会計という会計事務所を見つけました。
そしてあさひ会計の経営理念が「私達は質の高い仕事を通じ、顧客企業の継続、発展に貢献します。私達は、信頼される存在になることをめざし、誇りと自信と感謝の心を持って行動します。」というものであることを知り、私にピッタリだと感じ就職を希望しました。
また就職前は年間休日が少ないことが若干不安でしたが、今年度から年間休日が増え、ワークライフバランスが保てるようになり、仕事にも一層精が出るようになりました。

〈これまでのキャリア〉
財務コンサルタント(入社3年目・担当クライアント数10件)
担当しているのは地方自治体のお客様がほとんどではありますが、相手のニーズをくみ取りながら、日々仕事に取り組んでいます。

このページのトップへ移動します