事業承継「事業承継計画を作成しましょう」

 「事業承継計画」とは、中長期の経営計画に、事業承継の時期や具体的な対策を盛り込んだものです。
事業承継を円滑に進めるための方法として、経営者と後継者が一緒に「事業承継計画」を作成します。
以下に、計画書の作成例をご紹介します。

事業承継「事業承継計画を作成しましょう」計画書作成例

 

(出典 中小企業庁「事業承継ガイドライン2020答」)

◇事業承継計画作成の手順

 

① 現状を把握する
会社を取り巻く環境や経営状況、経営者自身及び後継者候補の現状を、相続の視点も含めて把握します。

② 承継の方向性を決定する
誰に、いつまでに、どのように承継するかを決定します。候補者への意思確認のほか、親族や幹部役員など関係者との意思疎通も重要です。
③ 対策をスケジュール化する
承継予定時期から逆算して、いつまでに何をするか、時間的に具体化します。今後の事業計画とともに、上図のように株式の移転、後継者教育、関係者の理解と経営環境の整備、相続対策などの実行時期を設定していきます。
次回は、第3回「事業承継方法3つの選択肢」にて紹介しました3つの事業承継方法のうち、“親族内承継の場合の注意点”について取り上げます。

 

 

 

イベントカレンダー
2021年9月»
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
(赤:休業日、緑:セミナー開催日)
タグクラウド


 

 

M&A