新型コロナウィルス関連 情報提供ページはこちら

公益法人会計ー新公益法人制度

公益法人とは、宗教や慈善、学術、技芸などの公益(広く社会の役に立つこと)を行う法人として、約115年前、明治29年に制度がスタートしました。
100年以上、公益法人制度の抜本的な改革は行われず、世の中の変化とのズレも大きくなっていました。そこで平成20年12月に「新公益法人制度」が施行されました。
従来からある公益法人は、平成20年12月1日から平成25年11月の5年間の移行期間中に、公益社団・財団法人もしくは一般社団・財団法人への移行申請をしなければ解散することとなります。
※移行期間は終了いたしました。

支援内容

公益法人様のニーズにあった運営サポートをお手伝いします。

 ◆公益認定継続のための書類作成支援(公益社団・財団法人の場合)
 ◆公益目的支出計画書実施報告書・計算書類作成支援(一般社団・財団法人の場合)
 ◆税務申告業務
 ◆H20年会計基準導入支援
 ◆会計ソフト導入支援
   ・ソフトのインストール
   ・科目の設定
   ・期首残高の登録
   ・操作指導

その他、ご希望に合わせたサポートを行いますので、お気軽にご相談ください。

対応ソフト

 ピー・シー・エー株式会社(認定インストラクターNo.5178 柴田 憲吾)
 応研株式会社(公認インストラクター 7名)
 株式会社ミロク情報サービス
 株式会社TKC

公益法人アドバイザー

電話受付:023-631-6521