新型コロナウィルス関連 情報提供ページはこちら

社会福祉法改正への対応
~経営組織の変更及び会計監査人監査に向けて~

本セミナーは終了いたしました。

社会福祉法が平成28年3月31日に衆議院本会議で可決、そして同日公布され、関連する政省令が発布されました。詳細な点についてはまだ審議中の項目もありますが、改正の趣旨として、経営組織の見直し、事業運営の透明性の向上、財務規律の強化など会計・監査に関する部分について大きな変革が求められます。
特に、経営組織のガバナンス強化(議決機関としての評議員会の設置、会計監査人の導入等)は最も注目すべきポイントであり、あらかじめ対応を検討しておく必要があります。
本セミナーでは、同法改正の趣旨、概要を押さえながら、具体的な対応とそのスケジュールについてポイントを解説します。

開催日時・会場

〈庄内地区〉
 6月27日(月)
 いろり火の里 文化館 なの花ホール 1階 多目的ホール
〈山形地区〉
 6月28日(火)
 山形県産業創造支援センター 1階 多目的ホール
〈仙台地区〉
 6月29日(水)
 仙都会館 8階 会議室

13:30~16:00(受付は13:10~)
※時間は各地区共通

講 師

税理士法人あさひ会計
 代表社員 公認会計士 柴田健一
 社会福祉法人担当 チームマネージャー 守 基一

参加費

お一人様 3,000円(消費税込)

お問い合わせ

TEL:023-631-6521 受付担当:星

お申込み

本セミナーは終了いたしました。