新型コロナウィルス関連 情報提供ページはこちら

あさひ職員のぶらり日記~はっとでハッと!~(2018年_2月号)

監査2部 鈴木 康司

 ある日の午前中、お客様のもとに訪問した帰り際、お昼におすすめのお店として西川町の山菜そば(はっと付き)が美味しいとの紹介を受けた。
「はっと」という言葉を始めて聞いたため、どのような物なのか尋ねてみたところ、そば粉を水で溶かした練物であり、鍋に入れて食す郷土料理なのだという。どんなものなのか想像がつかなかったため、早速西川方面に向かう最中のお昼時間、紹介いただいた出羽屋さんに足を運ぶことに。
お店の中に入り「山菜そば(はっと付き)」を注文し待っていると山菜がタップリ入った鍋が運ばれ、間もなく沸騰してグツグツに。

鶏肉と山菜、キノコが入って美味しいダシが出ている。まずは蕎麦を食し、蕎麦を食べ終わったらはっとを入れる。

液体上のはっとは灰色でドロドロとしており、スプーンですくって鍋に流しいれる。
ほどなくすると柔らかく固まり鍋の上の方に浮いてきて、山菜汁を染込ませ色も鮮やか、見た目は「すいとん」のように。

山菜汁の味が染込み感触はつるっとしており、まるで麺のような食感。最後は鍋に残った汁も全て飲み干し完食した。
山形に住んでいながらまだまだ知らない事が多くあるとハッとした一日であった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。