新型コロナウィルス関連 情報提供ページはこちら

あさひ職員のぶらり日記~地区の子供会~(2018年_4月号)

監査6部 松尾 和美

ぶらりと出かけたことではありませんが、最近特に印象に残った出来事として子供会の役員会があります。この2年間、小学生の地区子供会の役員を務めたのですが、そのイベントの多いこと、大きいことにビックリ!子供のみが参加する催しだけではなく、お神輿や廃品回収、球技大会や夏祭り等、地域や学校と協力して行う活動があり、役員は大忙しです。

その中でも最大のイベントは夏祭り。小学校のグラウンド半分位の面積の公園に、中央ステージと10張り以上のテントを建て、提灯をはりめぐらせ、公園にあふれるほどの人々で盆踊りや花火を行いました。その中心は子供たちですが、親御さんや町内会の方々も大勢参加し、盛大に盛り上がりました。

役員は実行委員を中心に町内会との会合を重ね、準備を進めました。イベント会社や設備等を無償貸与してくれる地域企業と打ち合わせし、食材や物品を購入し…、と大忙しです。大変な行事なのですが、祭りに喜ぶ子供たちや盛り上がる町内の皆さんをみていると、準備の大変さも忘れ自然にテンションが上がります。

その翌日も後片付けや掃除、お借りした設備の返却など、仕事は山積みでしたが、片づけをしながら皆さんの協力に感謝の想いもわいてきます。こうして町内の人たちを知り、つながりができ、ご縁が深まっていくのかと感じる出来事でした。

2年間の役員の勤めが終わりに近づきホッとしていると共に、皆さんのご協力に感謝しております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。