新型コロナウィルス関連 情報提供ページはこちら

月次経営会議

毎月の経営会議で、現状をしっかりと把握しましょう。
経営者の仕事は必要な経営データに基づいて今後の対策と戦略を練ることですが、経営データから自社の現状を正しく読み取り、有効な対策を講じることはなかなか難しいものです。
そこで弊社の担当スタッフが毎月貴社の「月次経営会議」に伺い、社長様、役員、管理者の方々と一緒に現状の財務状況を把握、問題項目の抽出と対策立案を行います。

あさひ会計で行っている月次経営会議の一例

(1)月次会議日:毎月10日~20日頃開催(翌月早い日に開催すると効果があります)
(2)出席者  :役員、管理責任者、書記者
(3)社長への全体概況報告

      1)受注
      2)売上目標と実績
      3)設備投資
      4)資金繰り
      5)営業
      6)昇給
      7)採用
      8)賞与
      9)当月~予定  等

(4)財務管理担当者報告

      ①月次決算報告
        1)売上、売上原価、販売費一般管理費の費目別 及び支払利息の実績報告
        2)上記の年(月)予算と実績の異常値報告
        3)前期実績との比較 等
      ②資金繰り報告
      実績のお金の動きと予想のお金の動きを、資金繰り表で報告

     

月次決算報告では、決算と同等の正確な報告を行うことで現状が理解でき、問題点が見えます。問題点の解決方法を早期に決定し実行することで改善へとつながります。
また、決算予想も容易となります。
資金繰り報告では、計画的な資金管理を行い資金繰りを改善するために、「債権の早期回収」、「借入の必要性」、「支払時期の変更」などについて検討します。
このような月次経営会議の開催をお手伝いしております。

是非、税理士法人あさひ会計を貴社の経営参謀としてお役立てください。

このページのトップへ移動します